WEB版 歌集『銀河最終便』 &メモ /風間祥
Finality mail of the Milky Way

スポンサーサイト                 

一定期間更新がないため広告を表示しています

: - : - : - : posted by スポンサードリンク :
『歌壇』9月号「歌集歌書の森」で、落合けい子さんが書評を書いて下さいました。                 

望月祥世歌集『銀河最終便』    落合けい子

 宙を漂うような寂しさと孤独感がない交ぜになっていて切ない。
日常の呟きのような言葉が、つぎつぎ泡のように浮かんでは消えてゆく。
望月さんは、その一瞬一瞬の言葉を必死で繋ぎ留めようとしているようだ。

  誰一人訪ねる人のない家に似ている 風が過ぎた青空
  木登りの上手な猿と下手な猿 上手な猿はいつまでも猿
  雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨 甍に軒に私に降る

 一首目の比喩はとても個性的で魅力的。しかも奇妙なリアリティが存在する。
猿の歌はやや理が見えるけれども、省略の効いた良い歌だと思う次の歌の雨の表記はあまり成功しているとは思えない。
偶々一字開けの歌が揃ったが、意味的内容を詰め込む傾向にあるようだ。
故に一字開け多用になるのではないだろうか。
歌意から開放されて、リズムに乗った時、望月さんの歌は美しい世界を展開する。

  今日もまた夢を見ている夢見ればあなたに逢える 硝子の狐

 紙幅の関係で詳細には触れられないが、製作順の三部構成で、第一歌集というのも分かるのだけど、一一一九首は多いと思う。巻頭歌と、本集とは角度の違う歌を挙げておきたい。

  光彩を放っているね移り気な忘恩の花ラナンキュラスよ
  絵葉書のグラン・ブルーに百匹のイルカが描く海の曲線


  (本阿弥書店 二〇〇〇円税別)
: 短歌・読書 : comments(0) : trackbacks(0) : posted by 風間 祥 :
スポンサーサイト                 
: - : - : - : posted by スポンサードリンク :
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://sho3id.jugem.jp/trackback/50
<< NEW : TOP : OLD>>