WEB版 歌集『銀河最終便』 &メモ /風間祥
Finality mail of the Milky Way

スポンサーサイト                 

一定期間更新がないため広告を表示しています

: - : - : - : posted by スポンサードリンク :
『氷原』8月号「新集一首」で、                 


三崎規子さんの一首評を頂きました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「新集一首」

・抵抗の手段としては弱すぎる もちろんそういうことはあります
   望月祥世=『銀河最終便』(本阿弥書店)     
  
「抵抗の手段としては弱すぎる。」
私も、今までに何度もそう言われた。
その度に、目の前に立ちはだかっている現実の重さに打ちひしがれ、
次第に抵抗することをあきらめるよようになった。
私達が容易に受け入れることができない現実とは、
例えば、いやおうなく定まっていく社会の仕組み、組織や家庭の中で自動的にあてがわれる役割分担、あるいはとどめようもない速さで過ぎていく時間、そして老いや死、などであろうか。
これらの現実に抵抗を試みようとしても、私達に与えられた手段は限られている。
しかし、この歌の作者は決してあきらめてはいない。
果たして「短歌」は抵抗の手段としては本当に弱すぎるのだろうか。
「もちろんそういうことはあります」
作者はいう。しかしこれは決して譲歩ではない。
むしろ、そのあとに続く作者の朗々たる反論の声が、聞こえてくるようである。
                 [三崎 規子]

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
: 短歌・読書 : comments(0) : trackbacks(0) : posted by 風間 祥 :
スポンサーサイト                 
: - : - : - : posted by スポンサードリンク :
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://sho3id.jugem.jp/trackback/46
<< NEW : TOP : OLD>>